TOP シネマ・アート・音楽 寺シネマ 【寺シネマ】第1回配給作品ドキュメンタリー映画「happy」

【寺シネマ】第1回配給作品ドキュメンタリー映画「happy」

公開日:

考えよう。幸せのこと。

「幸せってなんだろう?」「どうしたら幸せになれるんだろう?」 今、“幸せ”を問い直そうとする動きが世界中の各分野で広がっています。 ドキュメンタリー映画「happy」の制作者たちも、この根源的な疑問を探求をするため、カメラを片手に世界へと旅立ちました。そして、監督のロコ・ベリッチは、取材を終えてこう語っています。「自身の幸せを探すことは、実は自分のためではない。私たち皆のものだ。」と。 未来のため、私たち皆のため、この映画をきっかけに、一緒に“幸せ”について考えてみませんか?

予告編

●作品紹介

アメリカでは 1981 年から幸福度研究が始まり、幸福度を教える講座はハーバード大学で人気となりました。過去 50年で平均的なアメリカ人の収入は倍増しましたが、幸福度は頭打ちとなっています。お金持ちになっても、幸せはさほど増えないことが分かってきたのです。では何が私たちに幸福感を与えるのでしょうか?

『happy – しあわせを探すあなたへ』 は、幸福度の研究における世界的リーダーであるエド・ディーナー博士やリチャード・デビッドソン博士など、心理学や脳医学の世界的権威たちと共に、私たちがどのように充実感を得て、なおかつ健康で幸せな生活を手に入れることができるかを探求します。ルイジアナ州の湿地帯からナミビアのカラハリ砂漠、ブラジルのサーフィン村からブータンの山麓、東京新橋のサラリーマン街に至るまでお連れします。コルカタの貧しい人力車ドライバーの知恵、マザー・テレサの家で重病者の介護をするボランティアの思いやり、そして世界有数の幸福度の研究者の知識に耳を傾けてみましょう。

happy公式サイト http://www.happyrevolution.net/

●データ

2012年/76分/アメリカ/Color HD
監督 / 撮影監督 / プロデューサー:ロコ・ベリッチ
メインプロデューサー / 第2ユニット監督 / 撮影:清水 ハン 栄治
プロデューサー:フランシス・リード
製作総指揮:トム・シャドヤック
製作:ワーディ・ラム・プロダクションズ
配給・宣伝:ユナイテッドピープル
訪問国: アメリカ、ブラジル、英国、スコットランド、エジプト、インド、日本、ブータン、デンマーク、ナミビア、ケニア、中国、タイ、カナダ、アラブ首長国連邦、キューバ

●受賞歴メキシコ国際映画祭 ― 最優秀ドキュメンタリー作品賞
マウイ映画祭 ― 最優秀ドキュメンタリー作品賞
コスタリカ国際映画祭 ― 最優秀作品賞
アリゾナ国際映画祭 ― 最優秀観客賞
アムステルダム映画祭 ― 最優秀批評作品賞
リンコン・プエルトリコ国際映画祭 ― 最優秀ドキュメンタリー作品賞
マイアミ国際ドキュメンタリー映画祭 ― インスピレーション賞
テルライド・マウンテン映画祭 ― 最優秀観客賞
メンドシーノ映画祭 ― 最優秀観客賞
フラッグスタッフ・マウンテン映画祭 ― 最優秀観客賞

●「happy」をお寺で上映しませんか?